直火式焼印の場合、柄の棒部分を曲げたほうが良いのか。

直火式焼印には、柄を90度曲げるものと、真っ直ぐなものの2種類があります。一般的に、お菓子屋さんがつかう場合、柄を曲げたものを好みますが、これは、押し方の違いによるものです。
柄の真っ直ぐな焼印は、焼印をもって上から覗き込むような格好で下に押し付けて押しますが、柄の曲がった方の焼印は、上から覗き込むのではなく。体から手を伸ばして押すような感じになります。迷った場合には、質問頂ければ、適切にお答えさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です