メンテナンスは

焼印も使っていると汚れてきます。特に食品に使う場合、食品の焦げが印面にこびりついてしまうことがありますが、そのままにしておくと印面が腐食(さび)して弱くなりますので、使い終わったら、綺麗に掃除した方が長持ちします。直火式焼印の場合には、使い古しの歯ブラシを使い、中性洗剤を入れたお湯につけてもらい、しばらく置いた後にこすって汚れを落とします。電気ゴテ焼印の場合には、電気ゴテ部分は水につけると故障しますので、必ず先端のネジを緩めて印面部分を取り外して印面部分だけをお湯につけて下さい。
柔らかい歯ブラシでこするのはOKですが、ワイヤブラシは印面を傷めすので使わないで下さい。電気ゴテ焼印の場合、使用後に印面部分を取り外さないと、焼き着けをおこしたり、サビついて抜けなくなる場合が出てきますので、使用後は、印面部分を取り外して、使う場合に再度、とりつけて使用する事をオススメ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です