ウクレレの焼印

東京の台東区にありますKIWAYA商会様の焼印を製作しました。キワヤ商会は1919年創業のウクレレ総合企業で、純国産のウクレレ「フェイマス」は有名です。日本独自のトリプルレイヤードと呼ばれるECO合板を用い、厚さ1.6mmのい薄くて軽く丈夫な3層構造板を使うことにより、均一な材質による響きのよいウクレレを製造致しております。私も知りませんでしたが、ウクレレには幾つかのサイズがあるそうで、一番小さいサイズが、ベイビーサイズで次がソプラノサイズと呼ばれる普通サイズのウクレレで、その上に、ソプラノロングネックというコンサートサイズの物があり、その上にソロ演奏に最適なコンサートというサイズ、さらにその上にコンサートロングネック、テナーサイズと続きます。テナーサイズは、ギターの大きさに近いためにギター愛好家にも人気があります。
一番大きなウクレレがバリトンサイズになります。、別にウクレレの胴体部分の形の違いにより、パイナップルシェイプと呼ばれる普通の楕円の形状のものと、カッタウェイと呼ばれる胴体の一部が凹んで瓢箪型になったギターの胴のような形状の物があり、カッタウェイは、弾く際に、指や爪が当たらないように胴体部分が凹んでいるそうです。又、アンプを通じて音を調整できるピックアップ式もあります。お店にはウクレレのコンシェルジェと言われるウクシェルジュもいらっしゃいますので、あなたにあった1本も見つけることが出来ると思います。
ウクレレ教室も開催しておりますので、興味のある方は一度いらしてみてはいかがでしょうか?

キワヤ商会の焼印
キワヤ商会様の焼印

上の写真は、キワヤ商会様製作の焼印の画像です。幅30mm高さ10mmの焼印で、80W電気ゴテ仕様で製作し、温度コントローラをつけました。シンプルでわかり易いデザインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です