父の日の焼印

父の日に大工のお父さんにプレゼントするための焼印を東京都にお住まいの堀江様よりご注文頂きました。父の日は、日本では6月の第三日曜日ですが、世界中にあることは知りませんでした。台湾では、父の日を父親節といい8月8日になりますし、ロシアでは、2月23日が、祖国防衛の日をされていて、祖国を守った軍人や退役軍人と父親や夫、男性に感謝する日となっており、実質的な父の日にあたります。ブラジルでは、8月の第二日曜日、正確な日時は決まっていませんが、ドイツにも、男の日、紳士の日とよばれる事実上の父の日があって、国の休日にあたる復活祭の39日後の木曜日で、昇天日とも呼ばれています。
日本では、母の日程、有名ではなく、母の日にプレゼントをする男性が多い割には、父の日にプレゼントをする女性は少ないようです。又、贈る物も、母の日には、ピンクや赤のカーネーションが定番で一番送る人が多いようですが、父の日には、定番になるような贈り物はなく、無難にネクタイやハンカチ、靴下を贈る事が多いようです。近頃では、デパートや各種メーカーも父の日の戦略を立ててていて、父の日特製のプレゼントキャンペーンをしたり、テレビCMで盛んに売り込み戦略をうっています。

父の日の焼印
父の日のプレゼント用の焼印

上の写真は、父の日のプレゼント用に、堀江様よりご注文頂きました焼印の試し押し画像です。大きさは25×25ミリで、直火式仕様です。中央の孝臣は、プレゼントするお父さんのお名前だと思います。その下の細い英字のUSUIは、苗字だと思います。お父さんが大工さんとの事でしたので、カンナやノコギリの柄の木の部分に焼印を押して使うのだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です