木工房ZENの焼印

福岡市で木工房ZENを営んでいる林さんから焼印の製作依頼をもらいました。林さんは、私の知人で、北海道の倶知安寒別町で陶芸のFAF工房を営んでいる林さん(名前も同じです。)に感じが似ていて名前も同じなので、お会いしたことはないにも関わらず近親感を覚えました。木工房ZENの林さんは、家具や生活につかう小物類を木で作っている方です。林さんの作品の木製のポストは、シンプルで使いやすようなデザインをしており、その上に強度まで考えて作られています。又、木材を組んでパズルを作ったりもしており、独自の発想と、丁寧な仕事で素晴らしい木製品を作っている方です。主に家具作りをメインとしており、家具を作るときには、お客さんと対話しながら、どのようにするか一緒に考えつつ作業をするそうです。それは、既製品とは違い、使う人とその家具を置く家にピッタリな作品を作り、何十年も使い続けてもらえるような家具作りをするためで、そのモットウは、見えないところにこだわり、木の本質と語り合い、木の癖を考えて歪まないように組んで製作することです。

zenの焼印
木工房zenの焼印

上の写真は、木工房ZENの林さんの焼印の試し押し画像です。印面の大きさは、30ミリ角に収まる大きさで、100W電気ゴテ仕様で製作しました。三日月のようなデザインの上側に流れるような書体でWood Craftと書かれており、三日月の真ん中に工房名のZENの文字と文字を挟むようにハート?のマークが描かれています。30ミリの大きさで製作するには、上の文字部分、細すぎましたので、部分的に線の幅を太くして製作しました。又、細い部分を鋳造で綺麗に出すために台座部分を厚めにして鋳造しましたので、ひとつ上の150Wの電気ゴテにして温度コントローラを使用した方が使いやすかったかも知れません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です