押すの焼印

英語で「押す」とう意味のあるpushという焼印を製作しました。押すとは色々な意味で使われることの多い単語で、最初に思うのは、スイッチを押すという意味ではないでしょうか?テレビやオーディオのリモコンのスイッチや炊飯器、電子レンジ等の家電、しいては車の電子錠と現在の生活にはスイッチを押す動作には事欠かないと思います。あまりありがたくない例として核兵器のスイッチのボタンがあると思います。アメリカの大統領が移動する時にいつでも大統領が核兵器の発射が出来るようにと大きな革の黒いカバンを持った海兵隊員がそばについていますね。何度か大統領の遊説の場面でテレビに映し出されたことがありますので皆さんも見て知っていると思います。これを見ると世界の平和は皮一枚でつながっているのではと不安になります。今の東アジアの状況は悪い方に進んでいるのではと考えている人も多いと思いますが、私もそのうちの一人で、韓国が北朝鮮と統一されて「統一朝鮮」になるのではと不安視しています。今の韓国の軍事費は日本の軍事費と同じくらいの規模で、その上に南北統一となると核兵器を持った強大な軍事大国がお隣に出来る事になると思います。そうなると、結局は日本も核武装をしないとならなくなり、最終的には日本の総理大臣が核のボタンの入ったカバンを持ち歩くことになるのではと危惧しています。日本には、大量のプルトニウムもあり、核爆弾を作れるだけの技術もあり、おまけに核弾頭を運ぶために応用できるロケット技術もありますので、国民の理解を得られればすぐにでも核兵器を配備できるそうです。聞いた話によりと過去に日本でもコンピュータ上での核兵器の模擬実験をしたことがあるそうなので、短時間での核配備が可能だと思います。人間という動物は力を持つとそれを誇示しようする生き物ですので、最終的には核対核という構図になると私は思います。日本が先の大戦で負けた時とは状況は一変していて、今の日本には核配備が必要かとも思います。ひょっとしたら、アメリカ軍が日本に核兵器を持ち込んでいると思いますので現時点で核保有国?となっているのかもしれません。先日、アメリカと日本の密約について書いた本を見ていてある程度の核兵器が常に準備されていると見るのが自然だと思いました。核だけでなく軍事費も今のGDPの1%ではどうにもならない時代に入ってきているので近いうちに1%枠は撤廃される事になると思います。日本人として望む、望まないにかかわらず軍備の拡大を行う必要のある時代になったのでしょうか?

押すの焼印
押すの焼印画像

写真は押すという意味のpushという文字の焼印を紙に押した時の画像です。ゴシック体の見やすく力強い文字の焼印で、大きさは幅30ミリで80W電気ごて仕様で製作しました。

銘木の焼印

「世界の銘木」という文字と錨のマークが入った焼印を製作しました。元々、焼印は木に押される事が多いので木とは密接なつながりがあります。実は木と一言で言っても、焼印に適した材質の木から焼印に不向きな木質の木まで様々な種類があります。前に一点物の数百万円もするテーブルに焼印を押したいと言われたことがあり、その人は実際に焼印を押した事がない人だったので、押したいデザインを見せてもらったら複雑なデザインで、一発で綺麗に押すのはかなり難しく高価な物に押すのにはお勧めできませんとお断りしたことがあります。どうしても、テーブルの裏側に押したいと言われましたので、焼印では押すのに失敗する可能性が高いので、レーザー加工機で焼き付けた方が絶対によいとお勧めしました。又、焼印の製作注文だけでなく実際に押してもらいたいとの注文もあります。この場合、押す素材と使う焼印のデザインをみて判断してお断りする事もあります。普段、焼印を使っている私でも押すのが上手くいかない事がありますので代替えのきかない場合にはお受けできません。話がそれましたが、銘木とは有名な木という意味ですよね。実は、「世界の三大銘木」と呼ばれる木があります。それはヨーロピアン.ウオールナット、チーク、キューバン.マボガニーの3種類です。ウオールナットはその名の通りクルミの木で、ヨーロッパ全域に生息しており、私はウオールナットと聞くとライフル銃の銃床の木を思い浮かべます。次のチークですが、この木もよく聞きますね。クマツヅラという種類の木で、インドやミャンマー、タイ産が有名です。マボガニーもよく聞く名前だと思いますが、マボガニーは今では世界中で輸出禁止のなっており、ワシントン条約で取引が規制されています。森林資源は年々減ってきており、計画的な開発と保護が必要になってきています。

銘木焼印
銘木焼印の画像

上の写真は出来上がった「世界の銘木」という焼印を紙に押した時の画像です。この焼印の大きさは、幅45ミリ×高さ16ミリで、焼印スタンドに取り付けて使う仕様で150W用の半田ごてを取り付けて製作しました。写真からわかるように小さな錨のマークがついていますが細い部分もあり鋳造では出るか出ないかギリギリでしたので、少し太めにして鋳造してから、デザイン画を見ながらルーターで細くして調整して完成させました。製作できない程細い線がある場合に良く使う方法ですが、集中力と時間が必要になるので大変な作業になります。

冠の焼印

細かなデザインの冠がついたついた焼印を製作しました。冠と聞いて私が最初に思った事は、昔読んだ童話の話です。詳しく覚えていませんが思い出せる範囲を概略で説明すると、ある国の王様がご自分の冠(王冠)を新しく作ろうと思い、ある金属細工師を呼んで、王冠を作る為に必要な金の塊を預けてこの金を使って冠を作るようにと命令しました。後日、美しい冠が出来てきて王様もたいそう喜んでおりましたが、いつの日か、町中で王様の冠はまがい物であるという噂が流れ始めました。そんな話が王様の耳に入り、王様は大臣を呼んで冠がまがい物であるという噂があるが確かめるように命令しました。そこで大臣は金属細工師に渡した時の金の重量を王様から聞いて、冠の重さと比べましたが、重さはおんなじでしたので、大臣には、それ以上わかりませんでしたので、町中におふれを出して冠を調べる事が出来る者はいないか情報を集めた所、白いひげを生やしたお爺さんが名乗り出て調べる事が出来る旨を告げると、王様の眼前で実際に調べてみる事になり、その白髭の老人は、王様が金属細工師に渡したものと同じ量の金と作った冠を用意するように言い、王様の前で実際に試してみました。その試した方法が、水をギリギリまで入れた桶を用意させて、その桶の下にそれより大きな桶を置いて、冠に糸を結び付けて水の中に沈め、こぼれた水の量を計り、同じことを王様から借りた金地金で行い、両方の水の量の違いから金に混ぜ物をして金をくすねた事がわかり処罰されたという話です。今であれば金の品位も正確に調べられますが昔は分析器などないので、比重の違いを比べて判断したようですね。私たちの生活はあまりにも便利になりすぎていて、昔ながらの大事な事が忘れ去られているような気がするのは、私だけでしょうか?

冠焼印
冠焼印の画像

上の写真は出来上がった冠の焼印を紙に押した時の画像です。冠部分のデザインが細かいので、普通よりも鋳型を高温にしてから鋳造する方法で作った焼印です。大きさは、幅60ミリ×高さ25ミリで、200Wの半田ごてに取り付けて製作しました。

苫東の焼印

苫東(苫小牧東部地域)は、国家プロジェクトとして開始された大規模開発地域で総面積10,700haを誇る産業地域は高規格道路が整備され、苫小牧東港や千歳空港とも隣接しており、地域内には、3200haの緑地もあり、自然との調和を大切に開発されています。あまりうれしくない事ですが平成30年の9月に起きた地震により全国的に有名になりましたので、皆さんの記憶にも新しいと思います。簡単に追加説明しますと、北海道全体がブラックアウトした原因になった北電苫東厚真火力発電所がある所です。そもそもの原因は、東日本大震災以後、北海道電力唯一の原子力発電所である泊原発が停止して、その泊原発の停止による電力不足分を補うためにフル稼働していたのが厚真火力発電所でした。地震の影響で、厚真火力発電所がダウンして北海道はブラックアウト状態に突入しました。この地震があったのは、明け方前の午前3時過ぎでしたので私は寝ていましたが、地震に驚き起きた時には、もう停電が始まっていました。その後、もう一度眠りについて、朝起きましたら停電が続いていました。日ごろから停電の準備をしていなかったので、どうするか迷いつつ、情報を集めるのに車のエンジンをかけラジオを聞きました。その後、急ぎの注文があった分をキャンセルするために電話が通じないので携帯電話でお客様に連絡していたら携帯電話の電池が切れてしまい、仕方なく、私の実家に行き黒電話を借りて連絡をしました。その後、すぐ停電は解消るだろうと思っていたら、隣の人が断水になる恐れがあると伝えてくれましたので、バケツ等を集めて水の確保にあたり、停電が長引く恐れがあると思い、車で近くの電気店やコンビニを周り乾電池を確保しようと思いましたがもうありませんでした。自宅に戻り、停電が続いた場合を考えて妻と二人で対策をねり、なるべく冷蔵庫を開けないようにして、温度を保ちつつ、足の速い食べ物から食べていきましたが、その日の夜になっても停電が続いていましたので、ロウソクで明かりをとり早めに休みました。次の日もまだ電気が開通していなかったので、仕事は休み、今晩を過ごす為に仕事で使う焼印製作用のワックスを溶かして綿糸で芯を作り手作りのローソクを何本か作りました。結局、電気が戻ったのが3日目で、その間に冷蔵庫の生ものや冷凍食品は食べれなくなり、廃棄処分にしました。小樽市はあまり地震や災害のない街でしたので普段から準備をしていませんでしたので、その後は乾電池やいざという時に必要なものを用意する事にしました。

苫東焼印
苫東の焼印画像

上の写真は出来上がりました苫小牧東部地域の焼印を厚紙に押した時の画像です。ロゴは二つのTの文字(苫小牧のTと東部地域のT)を表しており、又、苫小牧地区にある風力発電の羽にも似せているようです。この焼印の大きさは、幅45ミリ×高さ30ミリで150W用の半田ごてに取り付けて150W電気ごて仕様として製作しました。

ありがとう焼印

ローマ字で「ARIGATOU」と書かれたハート模様の入った焼印を製作しました。平仮名の「ありがとう」と書かれた焼印は定番といっていいくらい作りますが、ローマ字での製作はあまりありません。ありがとうとは感謝の意思を表す言葉ですが、有難しという珍しい様やあまりないという意味の言葉が語源だと言われていますが一説では、仏教の法句経からきているともいわれます。

ありがとう焼印
ありがとう焼印の画像

上の写真は出来上がったありがとう焼印をベイア板に押した時の画像です。ゴシック体を使った読みやすく押しやすいデザインで、大きさは、幅35ミリ程で、100W用の半田ごてに取り付けました。本来であれば80W用の半田ごてで十分ですが、一度に沢山押すとの事で、一回り大きい100Wにして温度コントローラを付属しました。又、文字と文字の間は標準よりも少し広げて焼印が綺麗に押せるように調整してあります。ありがとうに限らず挨拶の言葉は大切だと思います。ビジネスにせよ人とのお付き合いにせよ基本となるのは挨拶だと思います。学生の頃は私もそれほど挨拶が大切とは思いませんでしたが、劇団ひまわりに入った時に挨拶についてかなりしっかりと指導されて驚いた位です。お会いしたら「おはようございます。」、不思議なことに夕方でも「おはようございます。」でした。仕事終わりには一人づつ皆に「お疲れさまでした。」というのは基本中の基本で、結構、あちこちの現場に出ていましたので、現代劇は最低30分前には現場に入る事、時代劇の場合には1時間前までと厳しく教えられました。
社会に出る前でしたが、教えられたことが社会に出てからも役に立ったのは、さすがは、名門劇団と思ったくらいです。そんな体験があったので最低限自分の息子にはしっかりと挨拶はできるようにとしたつもりです。

尾の焼印

クジラかイルカ、あるいわシャチの尾が海面から出ているようなデザインの焼印を製作しました。テレビや映画以外ではクジラ類の尾を見た事がないので一度は見てみたいと思います。イルカは、前にフェリーに乗って、小樽から新潟に行ったときに泳いで知る姿を見た事があります。イルカは哺乳類で知能も高いそうで人間とのコミニュケーションもとれるので、水族館での曲芸につかわれたり、あまりうれしくない現状ですが、動物兵器としての研究も進んでいるようです。そう言えば、日本は国際捕鯨委員会からの脱退するそうですね。高度な知能を持つ哺乳類である鯨類の捕獲を反対する勢力が強い国際捕鯨委員会ですが、日本側が、科学的な調査に基づいた生息数を示して、商業捕鯨の開始を何度か試みてきたようですが、一向にノオと言われ続けてきて、新たな進展が望まれないとの事での決断のようです。捕鯨に関しては食文化として培ってきた日本と鯨を食べる文化のない国との間では考え方も違い埋めることが出来ない問題があるようです。鯨に限らず、生き物の命を食して生きていかないとならない生物の性として、知能の低い生き物だから食べても良いという考え自体が差別的とも思えます。もっとも、地球上で一番の?高等生物である人間を一番殺しているのは同じ人間なのではないでしょうか?世界中には、内戦や虐殺が現在でも行われている国や地域がありますので、本来であればもっとそちらの方に目を向けるべきではないでしょうか?もし、近い将来、人間よりも高度な生命体が現れたら人間の考えも変わるかもしれませんね。

尾の焼印
尾の焼印画像

上の写真は出来あがった尾の焼印を厚紙に押した時の画像です。尾の形から鯨類かと思いますが見方を変えると太めの双葉にも見えますね。この焼印の大きさは写真の定規からもわかるように20ミリ角に収まる大きさで、80Wの半田ごてに取り付けて作りました。革製品に押す為の焼印でしたので、温度コントローラーも一緒に納めました。

始めと終わり焼印

箇条書きにされたような枠の中にAとZの文字が書かれた小さな焼印を作りました。AとZはアルファベットの最初の文字と最後の文字で、最初から最後までを意味しているようです。ところで始まりと終わりとはどのようなことか考えた事がありますか?私は天文学に興味を持っていたので宇宙の始まりを考えた事があります。一般的には、何もない所に突然爆発(ビッグバン)が起こり宇宙が始まったとされていますが、人の考えとしては、なぜ何もない所で爆発が起こったのか?と考えてしまいますよね。このへんの所は超ひも理論等の本を読みましたが私にはわかりませんでした。そもそも何もないという定義自体が普通に生きている人間と科学者の間では違うようで色々な文献を読んで調べていくうちにこんがらかってきて尚更わからなくなりましたので、そんなものだと思うようにしてきました。ひょっとしらた今の私たち人類にはたどり着けていない法則がありその法則によれば説明できるかもしれませんね。私の生きているうちには無理かもしれませんが何時の時代かに謎を説明できる時がくるのでしょうか。ある学説によれば時間は実際に存在しないとされていますでそもそも始めも終わりもないのかもしれませんね。有限である地球上で生活して発展してきた人類には、無限を考える事自体が難しいのかもしれません。メビウスの輪の焼印を作った事が何度かありますが、二次元上では無限を簡単に表現できますが、三次元になると難しくなりますよね、ひょっとしたら、三次元世界でも二次元の時と同じように出発点と到着点が同じである事はありえるかもしれませんね?

始めと終わり焼印
始めと終わり焼印の画像

上の写真は出来あがった始めと終わりの焼印をスパチュラーの黒い木の柄に押した時の画像です。高さ7ミリ程の小さな焼印で、うまくピントが合わずに写真を撮るのに苦労しました。黒っぽい木だったのであまりうつりが良くありませんがその点はご容赦下さい。40Wの半田ごてに取り付けて電気ごて仕様として製作しました。

しの笛の焼印

しの笛の北奏会様からの依頼で焼印を製作しました。しの笛とはあまり聞きなれない言葉ですが、普通に日本で吹かれている和笛の事です。竹で作られたしの笛は、日本古来の楽器で、和竹に穴を開けて作られており、お祭りでもよく見る事があると思います。金属製の笛と違い日本人の心にしみわたる竹の持つ独特な音色と響きは気持ちを落ち着かせて穏やかな気持ちにさせてくれます。ある意味で尺八もしの笛に入るのでしょうね。尺八はその名の通り長さ1尺8寸なのでそう呼ばれ縦笛で指の穴が7個空いています。又、横笛のしの笛には、唄用しの笛として7穴のものと囃子用しの笛の6穴のものがあります。又、基本音の高さの違いにより1本調子と呼ばれるものから13本調子と呼ばれるもので音の高さの違いによる種類も多くあるそうです。私はフルートを吹きますが、機会があればしの笛も吹いてみたいと考えています。

しの笛焼印
しの笛焼印の画像

上の写真は出来上がったしの笛、北奏会の焼印を厚紙に押した時の画像です。この焼印の大きさは、高さ52ミリ×幅14ミリで、150W用の半田ごてを取り付けてて150W電気ごて仕様として納めました。実際にしの笛に押すにはデザイン的に難しいので、笛以外の物に使うそうです。もし、実際の笛に押そうとするのであれば、笛の表面は湾曲しているので、横の文字と縦の文字があるデザインの焼印の場合には非常に押しにくくなりますので、上の横の文字(しの笛)を除けば押すことが出来ると思います。もっともその場合でも、笛の表面の湾曲に合わせて焼印の印面が弧を描くようにして押す必要がありますので、いきなり笛に押すのではなく、同じような竹の棒に何度も試し押しをしてコツをつかんでから押さないと難しいと思います。焼印の場合、チキンと印面が対象物に触れていないと焼付きませんので、焼印を使い慣れていない場合には、焼印よりレーザー彫刻機での焼付けの方が良いと思います。レーザーであれば横の文字と縦の文字が同じデザインの中にあっても綺麗に焼き付けることが可能です。

極小Rの焼印

アルファベットのRという文字にひげをつけたデザインの小さな焼印を製作しました。大きさが幅5ミリしかないので台座部分を少し大きめに作り、彫りを深くして対応しました。焼印にも押しやすい大きさがあり、30~50ミリ位の大きさのものが一番押しやすいようで、それよりも大きくなると押した時に均一に印面をあてるのが難しくなり、印影の濃淡ができやすくなりますし、逆に極端に小さい場合には、力が入りすぎて焼跡が濃くなる傾向があります。このことから印面の大きな焼印の場合には、印面の温度を高めに設定した方が綺麗に押しやすく、小さな焼印の場合には逆に温度を低めにした方が押しやすくなります。今回の焼印の場合には、80Wの半田ごてに取り付けて使用するので、印面の大きさから電気ごての熱量が多いので、その分工夫をしており、電気ごてに差し込む銅棒(8ミリ丸)を普段より長めにして熱の伝わりを少し落として、さらに銅棒の横に小さな空気穴を開ける事により印面が過熱しすぎるのを防いでいます。

極小R焼印
極小R焼印の画像

上の写真は出来上がった極小Rの焼印を厚紙に押した時の画像です。幅が5ミリと小さいために写真のピントが上手く合わなくピンボケになってしました。マクロ撮影で何度か撮りましたがうまくいきませんでした。一眼レフカメラでないと小さなものは無理かもしれません。小さいと言えば、どの位小さなものまで存在するか疑問に思った事はありませんか?よく小さい物の代表として細菌が取り上げられますが、光学顕微鏡から電子顕微鏡に変わってきた近年では、細菌は思ったよりも大きな部類に入り、その下にウイルスがあり、さらに原子、さらに核子や素粒子等、小さなものにも限度がないように思えます。理論上はもっと小さくしていくと最終的にはエネルギーになるとの事ですがなんかピントきませんね。
殊更焼印の場合は、小さくしても押せる事が前提になりますので、押しやすいデザインの場合でも5ミリ前後が限界になると思います。それより小さな物の場合には、焼印ではなくレーザー加工機での焼き付けになってしまいます。

 

感動感謝の焼印

感動感謝という漢字の小さ目の焼印を製作しました。印面自体の大きさは、幅24ミリ×高さ8ミリという小さなものでさらに画数の多い漢字と文字の書体的に作りにくい焼印でしたので、いつもより慎重に作業に取り掛かりました。この焼印、印面は小さいのですが、焼印スタンドに取り付けて使用する為に、150Wの大きな電気ごてを使い、専用の13ミリという印面よりも太いサイスの丸棒に取り付けての製作になりました。

感動感謝の焼印
感動感謝の焼印画像

上の写真は出来上がった感動感謝という焼印を厚紙に押した時の画像です。太い線と細い線が混じったデザインの小さな焼印で、もらったデザインのままではあまりにも線が細くなりうまく鋳造できないので、線を多少太くして鋳造して、出来上がってから、試し押しをしながら少しずつ線を削っていき、原画のデザインに合わせるようにして製作しました。年末になり、この記事を書いていると、今年、私は感動感謝したことがあるかとふと考えてみました。この年になるとあまり感動する事は無くなりますし、普段の生活の中では尚更だと思います。そんな私ですが結構映画を見に行くので、感動感謝とは少し違うかもしれませんが、今年見た映画の中で一番記憶に残っているものを上げてみたいと思います。今年、俳優の樹木希林さんがなくなり、彼女の最後の映画になりました「日日是好日」という題名の映画が印象的でした。この映画、茶道の先生をしている樹木希林さんとお弟子さんの日常的な関わりを描いている映画で、静かに淡々と時間が過ぎていくような雰囲気がある映画でした。彼女の独特なイメージと茶道という普段あまり触れない社会を題材にしていましたが、人の心と日本人らしい特質、文化に触れて、今年見た邦画のなかでは一番良い作品でした。近頃、名優と言われるような俳優の方々が亡くなる事が多く、私の好きな名優さんも又一人お亡くなりになったと寂しさを隠せませんでした。