道の駅の焼印

道の駅についての焼印を集めました。ちなみに道の駅とは、日本各地の自治体と道路管理者が連携して設置して国土交通省に登録された地域振興の為の施設で、駐車場や商業施設、休憩施設等を備えた複合施設です。又近年では、災害時の避難場所としての活用も検討されています。初めて道の駅が出来たのは1991年(平成3年)で、実験的に山口県、岐阜県、栃木県から始まりました。ちなみに北海道の道の駅は国土交通省の管轄の北海道開発局が管理しており、小樽に一番近い道の駅は道の駅赤井川になると思います。只、スペースアップル余市の道の駅でどちらも距離的にあまり変わらないのでどちらともいえないと思います。

道の駅なかがわの焼印

道の駅なかがわは、旭川方面から稚内方面へぬける国道40号線沿いにあります。この地域は、首長竜の化石やアンモナイトの化石等が産出することで有名ですので、道の駅なかがわの施設の近くにも中川町エコミュージアムセンターと呼ばれる施設があり、全長11メートルの首長竜の復元骨格やアンモナイト、恐竜時代の化石が沢山展示されております。又、近くに温泉やオートキャンプ場もありますので宿泊も便利です。道の駅の中にあるソフトクリームは人気商品で北海道のとれたての牛乳で作るソフトクリームは他と比べる事が出来ない絶品です。地元の肉と使ったフランクフルトや名産のハスカップジュースもお勧めです。寒い北海道ならでわの大きな暖炉も施設内にあり、夏の暖炉の使わない時期は、アートワーク体験の場所として使っています。勿論、地場産品やお土産品の販売コーナーも充実していますので、きっとお気に入りのお土産を見つける事が出来ると思います。通信販売も行っていますので、地元のソーセージやハム、ベーコンからハスカップ商品、道の駅なかがわ特産のステーキソースもおいています。

道の駅なかがわの焼印と解説

左の写真はシンプルなデザインの焼印で首長竜と文字だけで出来ています。大きさは、幅60ミリで200W電気ごて仕様で製作しました。右側の焼印は、色々と盛りだくさんな組み合わせで、右のキャラクターは首長竜のマスコットで、国道40号線沿いにある2003年オープンの道の駅である事を表しています。この焼印大きさは60ミリ角でデザイン的に混み入っていましたので、微調整が大変でした。仕様は300W電気ごて仕様で納めました。写真の写りが少し薄いのは、細かい部分が変色しないように少し温度を下げて焼印を押した為です。

道の駅鵡川町の焼印

道の駅鵡川町は、苫小牧方面から襟裳町の方へ抜ける国道235号線の近くにある道の駅です。漢字で書くと難しいので、平仮名でむかわ町と書かれています。道の駅むかわ町はむかわ四季の館と呼ばれており建物の中には天然温泉施設があり、温水プールやトレーニングジムもあります。又、図書室コーナーもありますしワイファイも完備していますので、家族連れで楽しむことが出来ます。特産品を展示販売しているコーナーやレストランも勿論完備しています。近くには鵡川町特産物直売所のぽぽんた市場もありますので、お立ち寄りの折には是非、お寄りください。

道の駅鵡川町の焼印と解説

鵡川町焼印
鵡川町の焼印画像

上の写真はできました鵡川町道の駅の焼印を木に試し押しした画像です。この焼印は「むかわ町」ではなく漢字で鵡川町にしました。大きさは、幅50ミリで、200W電気ごて仕様で作りました。

道の駅ゆうばりメロードの焼印

夕張は夕張メロンで有名なので、道の駅の名前にもメロンの道という事でメロードとつけたそうです。夕張と言えば昔は炭鉱で栄えた町ですが、町自体が破産して今、出直している最中の町です。実は、北海道には財政難の自治体が沢山あり私の住んでいる小樽市も道内で2~3番目位にあぶない自治体です。夕張メロードは道の駅というよりはスーパーマーケットのような感じがする道の駅と言われています。確かに入り口付近からスーパーのような感じが漂っています。特産の夕張メロンも扱っている直売所、夕張メロンアイスクリームが食べられるテイクアウトコーナーや夕張メロンのお菓子等が沢山並んだ売店コーナーもありますが、なんといっても数量限定で販売される夕張メロンバームクーヘンがお勧めです。又、近くには石炭博物館や夕張鹿鳴館といわれるモダンな昭和天皇、皇后が宿泊された建物もあります。館内はワイファイも充実していますので、色々な情報も得る事が出来ます。

道の駅ゆうばりメロードの焼印と解説

道の駅ゆうばり焼印
道の駅ゆうばり焼印の画像

写真は道の駅ゆうばりの焼印を試し押しした画像です。スケールがついていますので大きさは画像からわかると思いますが、100W電気ごて仕様で製作しました。

ライスランド深川の焼印

ライスランド深川と聞くと道の駅をイメージしにくいかもしれませんが歴とした道の駅です。正式には、「ライスランドふかがわ北の道の駅」というそうです。
ライスランドふかがわは国道12号線と国道233号の交わるところにあり、全館お米のテーマパークのような道の駅です。精米体験コーナーやお米クイズコーナーがあり、特産のそばやお肉も販売していますが何といっても米をメインとしています。施設の中にはおにぎりをその場で握ってくれるテイクアウトコーナーもありますので是非美味しいお米を食べてみてください。

ライスランド焼印
ライスランドの焼印画像

上の写真は、ライスランドふかがわの焼印を厚紙におした画像です。写真の撮り方がへたでピンボケ気味ですみません。大きさは、幅30ミリで100W電気ごて仕様で製作しました。道の駅の焼印は建物内で火を極力つかわない為に電気ごて式になっていますが、最近消防法の関係から火を使う直火式焼印が使えない環境の所が多くなっています。